2017年05月15日

羽生結弦に史上初の特例シード権!


『羽生結弦に特例シード』が。

14日、日本スケート連盟のフィギュア委員会が都内で行われました。

そこで決まったのは、羽生くんを今年の全日本選手権のシード選手とすることでした。

昨年末の全日本選手権は、インフルエンザで欠場してしまった羽生くんでしたね。

今季世界王者に返り咲いた羽生くんを特例として、全日本選手権3位以内と同等の扱いとし、平昌

オリンピックの代表最終選考会で、シード選手に選んだのです。


羽生結弦シード選手に


日本スケート連盟の規定では、シード権は前年の全日本選手権で1〜3位の選手のみに与えられる

もので、前年大会の上位3人のみが予選免除となる決まりでした。

それ以外の選手は地域・ブロック大会からの出場となるのですが、羽生くんは特例として認め

られたのです。

特別シードは史上初となるそうです。

これによって来季の全日本選手権男子シングルのシードは、16年の1位だった宇野昌磨くん、

2位・田中刑事選手、3位・無良崇人選手に羽生くんを加えて、シード選手が4人になります。

今回のような特別シードは、きわめて異例だといいます。







伊東秀仁フィギュア委員長は、次のように説明しました。

「(羽生結弦は)世界チャンピオンということで、全日本チャンピオンに匹敵すると判断したもの。

実績が申し分ないので、満場一致で決まりました。

特別扱いになります。」と。

こうなることはほとんどの人が予測していたものの、良かったですね。

全日本を欠場した理由がインフルエンザでは、仕方ないですもんね。

意外なようですが、「アスリートは風邪をひきやすい」とは、よく言われることですよね。


羽生結弦マスク


ハードすぎる運動は免疫力を下げることになり、これは過剰な運動によって、免疫グロブリンA

いう物質が減少してしまうためだそうです。

アスリートとまではいかなくても、私たちのように運動好きの人も気を付けなくてはいけません。

過度な運動はストレスにもなりますから、終わった後に疲労が抜けないなど、逆にだるくなって

しまって翌日までパフォーマンスの低下を感じるようなら、その運動はあなたにとって過剰となっ

ているのかもしれませんよ。

ハードな運動をすると活性酸素が増えますが、増えすぎるのも良くないことです。

体に合った適度な運動で、体の免疫力を上げて行くのが最も健康でいられる秘訣ですね。

さて話はそれましたが、全日本選手権の開催地については「まだ決まっていない」そうです。







posted by てるてる@ゆずリスト at 10:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

世界で賞賛される羽生結弦と日本の素晴らしいファンたち!


羽生くんを応援するために、国内やたとえ海外であっても、試合会場に直接駆けつけて応援する

日本のファンの方たちはすごいな〜!と、いつも思います。

そういった方たちのマナーについて、海外で称賛されています。

素晴らしいことですね。

日本人のフィギュアファンの熱心さは、世界でも話題になっているのです。


羽生結弦とファンの応援


アメリカのスケート専門メディアの「アイスネットワーク」は、各大会で熱烈な声援を送る日本人

ファンの存在に注目し、なんとその特集をしています。

「フィギュスケートは日本で人気が高い。とても、とても高い」とレポートしているんです。

昨年のグランプリシリーズ第2戦となるスケートカナダで、オンタリオ州ミシソーガの会場に多数

のファンが駆け付けたことや、今年2月に韓国で行われた四大陸選手権の観衆も4分3が日本人

ファンだったこと、ヘルシンキで行われた世界選手権にも日本から約4000人のファンが来場

したことなどを紹介していました。

試合会場に駆けつける日本からのファンたちを、羽生くんのコーチであるオーサーも一目置いて

いるようです。







記事の中で、「私はバリーの人々に日本からのファンたちがやってくるよ、と事前に呼びかけて

おいたんだ。

本当にこのこのスポーツを動かしているのは彼女たちなんだよ。」と、ファンの後押しの大きさ

ついて語っているのですね。

しかし、日本人ファンの愛情はこれだけに留まりません。

つまりファンの愛情は、日本人選手だけに注がれている訳ではなく、ロシア女子選手のエフゲニア

・メドベージェワ
や、このところ見かけませんがリプニツカヤも可愛くて人気がありましたね。

日本のスケータのライバルではありますが、それを越えて私は2人とも大好きです。

ハビエル・フェルナンデスたち、海外スケーターの代理人を務めているデビッド・バーデンは、

記事の中で「ファンからのメールの大半、95%くらいは日本のファンからのものです。


羽生結弦とファン


誕生日カードや単なる普通のハガキではなく、デザインものやギフトが入った折り紙、Tシャツ、

食べ物も送られてきます」と言っています。

そんな熱烈なファンに対して、羽生くんや選手たちが感謝している様子もレポートされています。

また、日本人ファンは自国の国旗だけではなく、他の国のものも持参して大会を盛り上げています

が、その様子について記事の中では、「素晴らしいスポーツマンシップに溢れた観戦だ!」と称賛

していて、改めて競技を支えるファンの存在にスポットライトを当てています。

海外でも脚光を浴びている、応援する日本人ファンたちですが、会場に駆けつけているファンの陰

には、その数倍、数百倍のファンがいます。


羽生結弦とメドベージェワ


名古屋市長も元フィギュア選手の鈴木明子さんも、フィギュアが大好きでかつ熱心なファンです。

記事は他国の国旗も持参して大会を盛り上げている日本人ファンについて、「彼らに対して、国際

スケート連盟は『ドウモアリガトウ』と何度も、何度も繰り返し伝えるべきだろう」と締めくくっ

ていました。

こうなると、また一段と楽しみになるのが平昌オリンピックですし、そこでの日本人ファンたちの

応援ですね。

試合だけではなく、また違った角度からも楽しめそうです。

きょうはちょっと「羽生結弦」の話題に乏しかったでしょうか…?







posted by てるてる@ゆずリスト at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

羽生結弦今年のシーズンオフはアイスショーに出演する!


今年のシーズンオフには、羽生くんがアイスショーに出演しますよ!!

昨季はシーズン中に、左足甲のリスフランじん帯を損傷してしまいましたね。

その影響によって、シーズンオフに行われるアイスショーは全てお休みしましたが、すっかり良く

なった今年は出演が可能になりました。

まずは今月26日に千葉・幕張メッセで開幕される、「ファンタジー・オン・アイス」に出演する

予定になっています。


羽生結弦アイスショー


6月には神戸、そして新潟でも行われる公演に出演するそうです。

ファンタジー・オン・アイスには、世界選手権で羽生くんとワンツーフィニッシュを飾った、銀

メダリストの宇野昌磨くんや、昨シーズン世界王者だったハビエル・フェルナンデス、女子では

三原舞依、ロシアの金メダリスト、エフゲニア・メドベージェワらも出演し会場を盛り上げます。

ところでファンタジー・オン・アイスとは、オリンピックや世界選手権で活躍する一流スケーター

たちが一堂に会して、華やかなエンタテインメントが繰り広げられるアイスショーのことです。

数あるアイスショーの中でも、ひときわ豪華だと言えます。







アーティストでは大黒摩季さん、中西圭三さん、ピアニストの清塚信也さんなども出演し、会場が

別世界に誘い込まれるようですね。

テレビで観るのも良いですが、会場でしか味わえない雰囲気にのみ込まれてみたいです。

そんな羽生くんは、試合の時は会場でイヤホンで気持ちを盛り上げたり、集中力を高めています。

試合前の廊下やリンクサイドでイヤホンを耳にして、一緒に歌っている姿をよく目にしますね。

羽生くんだけではなくアスリートは、その場の自分に合った曲を聴いて、集中力を高めている人が

多いようです。


羽生結弦アイスショー


私たちも音楽を上手に取り入れて気持ちを高めたり、集中させたり、落ち着かせたり、上手に活用

するといいかもしれませんね。

皆さんは何かを取り入れて、自分への励みにしていることはありますか?

私はこの羽生結弦ファンブログを書くことかな?

しかし…シーズンオフになると、とたんに羽生くんのネタを探すのに苦労するようになります。

密着取材させてくれないかな〜とこの頃になると、毎年思う私です(笑)。







posted by てるてる@ゆずリスト at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする