2016年01月31日

「全米選手権」の結果を羽生結弦はどう感じるでしょうか?


う〜ん...と思わずうなってしまった、この結果!

「全米選手権」が1月24日に終わりました。

そしてその直後に、USFSA(全米フィギュアスケート連盟)が、「世界選手権」男子代表のメンバーを発表

しました。

USFSAのルールでは、全米優勝をした選手は無条件で代表に選ばれることになっていますので、3月の

「世界選手権」代表に選ばれたのは、優勝したアダム・リッポン、2位のマックス・アーロン、3位の

ネイサン・チェンのトップ3人という、順当な顔ぶれだったのですが…。


羽生結弦とアダム・リッポン


新チャンピオンになった、26歳のアダム・リッポンは、全米選手権シニアで競うのは今年が8年目という

ベテラン選手です。

体が柔らかく音楽表現が素晴らしい選手ですが、4回転はルッツのみで、しかもこれまで一度も試合で成功

させたことはないのです。

ショートでは4回転には挑みませんでしたし、フリーでは挑んだのですが、その4回転ルッツは回転不足で

転倒してしまいました。

そこから8度の3回転をノーミスできめての、ショート3位からの逆転勝利だったのです。

細部まで神経の行き届いた、質の高い演技ではありましたが、結果的には4回転なしの優勝となりました。

試合後のインタビューで、リッポンはこのように語りました。


羽生結弦とアダム・リッポン


「自分のスケートのあらゆる側面を、しっかり見せようと思って滑りました。

今夜トップになることができたのは、そのためだと思います。」と…。

一方、2位に終わったマックス・アーロンは、ショートで1度、フリーでは2度の4回転サルコウを降りて

います。

また今回3位に入った「ジュニアGPファイナル」のチャンピオン、16歳のネイサン・チェンは、フリーで

なんと4度の4回転を着氷しているのです。

そんな中で、リッポンが全米タイトルを手にしたことは、当然のことながら議論をかもしました。

リッポンは、自己弁護をするように会見で、このようにも語っています。

「選手がみんなユヅルみたいな演技をするようになったら、試合は面白くないでしょう。


羽生結弦SEIMEI


スピンが得意な選手がいて、パフォーマンスが得意な選手や、ジャンプの得意な選手がそれぞれいます。

1つの分野だけで競うスポーツではないのです。

ジャンプ競争ではないし、振付競争でもないし、スピン競争でもありません。」と。

どうやらフィギュアスケートは、各自の個性の総合力、ということが言いたいようです。

そしてもう一つ、奇妙なことがあります。

「世界選手権」男子代表のメンバーに、昨年度の全米チャンピオンである、ジェイソン・ブラウンの名前は

なかったのです。

それがなぜ奇妙なのかというと、USFSAのルールでは、全米優勝の選手は無条件で代表に選ばれますが、

2人目、3人目に関しては、シーズンを通しての成績やこれまでの実績などを考慮して、連盟理事会の裁量で

決定できることになっているのです。







アメリカ男子が今年の世界選手権で3枠を獲得していますが、3枠も獲得できたのは、ブラウンが昨年の上海

での「世界選手権」で、4位と健闘したことが大きかったからなのです。

いわば、ブラウンの貢献あっての3枠と言えるんですね。

それを考えると、ブラウンに1枠渡してあげてもおかしくない状況でした。

ところが...3月の「世界選手権」の代表に選ばれたのは、アダム・リッポン、マックス・アーロン、

ネイサン・チェンの3人だったのです。

ジェイソン・ブラウンは、「全米選手権」を、怪我で欠場することになってしまいましたが、開催前には、

USFSAに対して「世界選手権」の代表入りを考慮して欲しい、との陳情を正式に行っていました。

それにもかかわらず、ブラウンは代表はおろか、補欠にすら入っていなかったのです。


羽生結弦とジェイソン・ブラウン


それにはこのような、USFSA側の事情があったようです。

世界のトップ選手たちが、フリーに3度の4回転を組み込んでいる現状から考えて、4回転を跳べない選手を

”全米チャンピオン”として、「世界選手権」に送るのはどんなものか――という意見も当然、USFSAの

中から出たのではないでしょうか。

けれどもリッポンは全米チャンピオンになっているので、代表にしないわけにはいかないですよね。

実はブラウンもまた、まだ4回転を試合で成功させたことのない、いわばリッポンと同じように優れた表現力

を最大の武器とする選手です。

USFSAとしても、男子代表3人のうち2人も4回転を跳べない選手が占める、という選択はできなかった

のだと思います。


羽生結弦エキシビション


そしてこれも、奇妙といえば奇妙なことですが。。。

3位で選ばれたネイサン・チェンは、「ジュニア世界選手権」と、「シニア選手権」の両方の代表になって

いるのです。

このようなことは、通常ではあまり聞かない話です。

その理由は、今から大舞台を踏ませておいて、「平昌オリンピック」に向けて売り込んでいこう、という思惑

があったのではないか、と言われています。

しかし結局チェンは、負傷のため急遽手術を受け、氷の上に戻るまでには8週間から10週間かかることに

なってしまったのです。

そのため「ジュニア世界選手権」には、第1補欠の日系米国人、樋渡知樹(ひわたし ともき)選手が選ばれ

ました。


羽生結弦ジャンプ


またシニアの「世界選手権」にも出場する事になっていたので、代わりとしてグラント・ホッチンステインが

派遣されることになりました。

羽生くんが全体のレベルを引き上げて、過酷なまでの難易度が要求されるようになった、現在の男子シングル

ですが、その流れの中でこのような”4回転なしの優勝”というのは、どのように解釈すればよいのでしょう

か。 難度を落としてでも、確実に決めた方がいいのでしょうか。

それではせっかく進化しているものが止まってしまうし、場合によっては後退する恐れもあります。

長年ニュージャージーを基盤にしてきた、モスクワ生まれのコーチ、ロマン・セロフは、このように語って

います。


羽生結弦ジャンプ


「全米男子の結果にはがっかりしました。 男子なのだから、4回転に挑まなくては。

ショートで2位だったロス・マイナーが、いくらノーミスでも4回転なしで90点台なんて、あり得ない。

日本の選手などが頑張ったおかげで、4回転に関して今、ようやく盛り上がってきました。

でもアメリカの男子はこのままではダメです。」と、セロフは主張しています。

羽生くんもかつて、「フィギュアは自分自身との戦いです。

どれくらい精一杯やれるかというのが、フィギュアスケートで一番大事なところです。」と話していました。

4回転に挑戦しないで守りに入り、確実なことだけをやってノーミスし、その方が高く評価されるなら、

進化は止まってしまうのではないかと心配です。

羽生くんのようにリスクを覚悟の上で、新しいことに頑張って挑戦し続ける選手にとっては、このような評価

が当たり前になると、不利にもなりかねないですよね。








posted by てるてる@ゆずリスト at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

羽生結弦のリンクメイトハビエルが「欧州選手権」で300点越え!


羽生くんの歴史に残る300点越えの記録、新たなもう1人が現れました。

それは1月28日、「欧州選手権」男子フリーが、スロバキア・ブラチスラバで行われたときでした。

すでにショートで首位になっていたハビエル・フェルナンデス選手が、フリーでも200・23点を出し、

トップの演技で、自己最高となる計302・77点を獲得、4連覇を果たしたのです。

これで羽生くんに続いて、史上2人目が誕生したわけですね。


羽生結弦とハビエル・フェルナンデス


ショート100点以上、フリー200点以上、総合300点以上というのは、この採点システムが2004年

に導入されてから、国際試合では羽生くんが一番に達成していたのです。

羽生くんのレベルアップにより、他の選手も、技術の底上げをしていかざるを得なくなりました。

追いすがってきたハビエル選手は、羽生くんにとって、もっとも警戒すべきライバルとなったのです。

2人とも、オーサーコーチの率いるカナダ・トロントにある名門、クリケットクラブに所属していますね。


羽生結弦・オーサー・ハビエル・フェルナンデス


そのオーサーは、「このスポーツには、常にレベルを押し上げるキーパーソンがいました。

現在の男子では、それがユヅルハビエルの2人です。」と、語っています。

この記録により、3月末の「世界選手権」がますます楽しみになってきましたね。

羽生くんの活躍で、フィギュアスケートを習いたい子供たちが増えました。

しかし、習い事としては高くつくようですね。







月謝は週1回・60分程のレッスンであれば5000円から1万円くらいですが、ある程度のレベルにまで

上達して個人レッスンを受けるとなると、30分3000円、スケートクラブ会員となると年100万円ほど

は、かかるようです。

さらに、スケート靴は安くても3万円からで、しかも子供の成長に合わせて買い換えていく必要があるため、

気軽に通える習い事、とは言えないのが実情ですね。

月謝自体は他の習い事とそれほど変わらなくても、他の部分で費用がかかるのがネックではないでしょうか。

どうしても親の経済状況が関係する習い事ですので、子供がフィギュアスケート教室に通うのであれば、

事前に経済面でのサポートが可能であるかを考え、長期的な見通しを立ててから始めたほうがよさそうです。


羽生結弦と家族


羽生くんの場合は、両親と姉の4人家族で、お父さんは公立学校の教頭先生、お母さんはパート勤務という

ごく一般的な家庭でした。

お父さんは公立学校の教頭先生ですから、比較的裕福ではありますが、自宅は家賃5万円で、慎ましく

暮らしていました。

お母さんはパートで勤めながら、羽生くんの衣装は全て手作りしていたそうですし、髪もカットしていた

そうで、あのプルシェンコ選手に似せた髪型も、お母さんのカットによるものだったのです。

また試合で得た優勝賞金は全て、スケートの費用に充てて、やりくりしていたそうです。

家族の協力も、当然必要になってくる訳ですよね。








posted by てるてる@ゆずリスト at 18:40| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

羽生結弦たち選手の魅力満載『フィギュアスケートぴあ Vol.2』発売


フィギュアスケートの魅力を1冊に凝縮した、『フィギュアスケートぴあ Vol.2 2016』が、あす1月30日

に発売されます。

その内容は、先年末の「GPファイナル」で、世界新記録を更新した羽生くんの軌跡や、日本のスケーター

たちによる、「全日本フィギュアスケート選手権」の模様が収められています。

この本に掲載されている写真はすべて、オリジナルの撮り下ろしです。

そのために、スケーターたちの新たな一面や、輝く瞬間などが見られそうですね。


trend_20160128172318-thumb-autox380-80529.jpg


また「全日本選手権」での徹底レポートというコーナーがあり、羽生くんはもちろんですが、そのほかに、

宇野昌磨くん、無良崇人、本郷理華、樋口新葉の、各選手たちが登場しています。

特別インタビューのコーナーには、振付師の宮本賢二さんが応じています。

そのほかに、"アイスショーを楽しもう"といったテーマもあり、ここでは「Christmas on Ice」の特集に

なっています。

リンクに戻ってきた高橋大輔さんや、荒川静香さんなどを取り上げてくれています。

引退した高橋大輔さんなので、もう試合で見ることが出来ないのが、とても残念です。


高橋大輔・荒川静香・羽生結弦


今回は、そんな高橋大輔さんの、約A3サイズ両面のピンナップが付いています。

価格は税込みで、1200円となっています。

世界新記録を更新してからの羽生くんの写真ですし、それまでの軌跡が載ってるし、また高橋大輔さんの

ピンナップ付きもこれからは貴重ですし...気になりますね。

私は「日本男子応援ブック」のシーズン開幕号までしか持ってなくて、そこにはオータムクラシックでの

「スケートカナダ」の特集が載っていますが、それからあとに続く、「NHK杯」、そして12月に行われた

「GPファイナル」へ、という流れがいいんですよね。

「全日本」も主だった日本の選手ばかりなので、外せませんし…。







話は変わりますが、羽生くんは、フィギュアスケートコーチの都築章一郎さんにも、影響を与えました。

都築さんは現在78歳ですが、実は94年にノルウェーで行われたリレハンメルオリンピックに出場した、

井上怜奈選手を最後に、コーチをやめようと思っていたそうです。

そんなとき仙台で、小学2年生だった羽生くんと出会ったのです。

その後中学生の頃まで教えましたが、東日本大震災のため、仙台のリンクが休止せざるを得なくなりました。

それからは都築さんが移っていた神奈川で、羽生くんが練習する時期もあったそうです。

区切りとも考えていた井上怜奈選手のあと、羽生くんに出会って、その気持ちは変わったと言います。


羽生結弦ノービス


「決して特別な子だったとは思わなかったし、ほかの子供たちと特に違うところもなく、今日のような

スケーターになる、特別な条件が備わっていたとは思っていませんでした。」と当時の羽生くんを振り返る

都築さんです。

では一体羽生くんの何が、都築さんを変えたのでしょうか。

羽生くんには根っ子があったからだそうです。

だから苦しみながらもはね返す強さがあったし、環境が変わっても伸びることができたと言います。

もう1つは、家族の絆というか、家庭環境がしっかりしていたことでした。


羽生結弦


この2つを併せ持つ羽生くんに出会い、コーチを続けることを決心したのでした。

フィギュアスケートは、技術も大事ですが、人間的な面も大きいんですね。

特に小さい時に、成長する環境があったかどうかで、決まってくると言います。

仙台のリンクには、たくさんの選手がすでに育っていましたし、先輩たちや仲間と切磋琢磨(せっさたくま)

することができたのも、羽生くんが現在に至る土台になっているのでしょうね。

フィギュアスケートはスポーツではあるのですが、一方で芸術を見るようでもありますね。

そのため羽生くんにも、「芸術性を追求しなさい」と教えてきたそうです。

こんにちの羽生くんを見ていると、その教えをキッチリと受け継いでいる気がします。








posted by てるてる@ゆずリスト at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする