2016年09月29日

羽生結弦の初戦いよいよ明日(30日)見通しは?


明日は、フィギュアスケート男子ショートの試合が行われます。

次々とすごい記録や世界初のジャンプが成功して、まさに「4回転時代」の男子フィギュアですね。

昨シーズンの金博洋(ボーヤン・ジン)選手は、2011年にアメリカのブランドン・ムロズ選手が、初めて

単独で成功させて以来、誰も跳ぶことがなかった最高難度のジャンプ、4回転ルッツを成功させました。


羽生結弦・ジャンプ


しかも4回転ルッツ+3回転トーループの連続ジャンプでした。

そして今年2月に行われた、「四大陸選手権」のフリーでのこと、3種類の4回転ジャンプをプログラムに組

み込み、4度も4回転を跳ぶという史上初の快挙を成し遂げています。

さすがにこれには、羽生くんはどうなるのだろう?と、思わず不安が頭をよぎりました。

ところが、11月下旬に長野のビッグハットで行われた、GPシリーズ「NHK杯」では、そんな不安を見事

に払拭してくれましたね。


羽生結弦練習


フリーでの羽生くんは、質の高い4回転ジャンプを3本跳んで、史上初の200点超えを果たしました。

さらに、さらに、12月上旬のスペインであった「GPファイナル」では、再び記録を更新しました。

合計330.43点という、この大会のショートとフリー、合計点の3つが、フィギュア男子の最高得点とし

て、ギネス世界記録に認定されましたね。

そしてその後、ハビエル・フェルナンデス選手も、300点超えを記録しました。

4月下旬には、宇野昌磨くんが「コーセー・チームチャレンジ・カップ」で、世界初4回転フリップを、

ショートフリーでも決めて、注目されましたね。







そして今シーズンに入ってからも、男子フィギュアの進化は止まりません。

つい先日のこと、9月21日〜24日に開催された、ジュニアグランプリでのことです。

「スロベニア杯」で、アレクセイ・クラスノジョン選手が、世界初となる4回転ループを決めたのです。

ジュニアでも、4回転を2本以上跳ぶ選手が出てきているそうですね。

さてそんな中で、今季の見どころはどんなところになるのでしょうか?

選手たちは質の高さを求め、種類を増やし、どんな組み合わせにするかを考えています。

ジャンプの前後の振り付けを工夫するなどして、点数を0.01点でも上げることに必死になっています。


羽生結弦の雄たけび


けれども、難易度の高いジャンプを何本も跳ぶことは、体への負担が当然増えますね。

腰や膝、足首などへの負担も増えてきますので、選手たちにとっては大変です。

羽生くんは左足甲の靱帯を損傷し、療養していました。

シーズンが始まった今も、まだスッキリとは治っていないようなのです。

心配ですが、それでも「オータムクラシック」の試合は、とうとう明日に迫ってしまいました。

これ以上、どこも怪我をすることのないように、シーズンを乗り切って欲しいと思います。

ファンの皆さん、一緒に応援しましょうね!!!







posted by てるてる@ゆずリスト at 12:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

羽生結弦「オータムクラシック」日程&東京西川CM


羽生くんはバスクリンだけではなく、東京西川という布団メーカーともCM契約をしていましたね。

新しいCMとなる「オーダー枕編」が、きょう(9月28日)から放送されます。

内容は、羽生くんが眠りの専門家と共に、オーダー枕を作る過程を描いているのです。


羽生結弦・東京西川CM


その中では羽生くんは、枕の素材を選びます。

実際の寝心地を試しながら、世界に一つだけの枕を完成させます。

その枕を大事そうに抱きかかえ、満足そうな表情を見せるのです。

短いCMなのですぐに終わりますが、こんな内容です。

ここから見て下さいね。 ↓





睡眠へのこだわりがある羽生くんは、このように言っています。

「眠りと言うのは食べることと一緒で、とても大切なことです。

遠足や試合の前は、すごくドキドキして眠れないときは、体が動かなかったりなどの、不調の原因になること

が、小さい頃から分かっていましたので、眠りを大切にしようと思っています。」

「合宿先などで大切なことは、食事や睡眠が時差ボケもあって、中々取れないことが多いです。

質の良い睡眠が訪れるように、寝やすい環境を作ることを心掛けたり、時差にも配慮することです。」


羽生結弦・枕


本当に、睡眠はすべてにおいての活力の元ですから、質の良い眠りが大切ですね。

だらだらと長くて浅い睡眠は、起きた時に疲労感が残ります。

深い眠りなら、長くなくても起きた時にスッキリしていますからね。

眠りも、選手たちにとっては、試合を左右するほどの大きなことなのですね。

さて、今月の29日から始まるGPシリーズの羽生くんの出場日程です。


羽生結弦練習


初戦は、カナダ・モントリオールで行われる「オータムクラシック」(9月29日〜10月1日)です。

試合時間は、男子ショートが、日本時間の10月1日。

男子フリーが、日本時間の10月2日で、それぞれ朝8時半ごろからになる見通しです。

さあ、羽生くんのシーズンが、いよいよ開幕です! 

皆さん、応援しましょうね!!







posted by てるてる@ゆずリスト at 00:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

羽生結弦の4回転ループはもう世界初にはならない・・・


羽生くんが頑張って練習していた、4回転ループ

これまで、公式戦では成功した選手が誰もいないので、今シーズン羽生くんが決めてくれたら、世界初となる

はずだったのに…(泣)


羽生結弦アイスショー


9月21日〜24日に開催された、ジュニアグランプリ「スロベニア杯」で、アレクセイ・クラスノジョン

選手が、4回転ループを決めてしまいました!

そして、ジュニアで優勝を飾りました。

昌麿くんボーヤン・ジン選手はマークしていたのですが、ジュニアのクラスノジョン選手には、気が付きま

せんでした〜。 ノーマークでした。


羽生結弦


ここのところ、ほんの2年くらい前からでしょうか?

ジュニアの選手たちがメキメキ上達してきて、男子も女子も油断できなくなりましたね。

クラスノジョンはフルネームが、アレクセイ・ドミトリエヴィチ・クラスノジョンと言うんですね。

ロシア出身ですが、アメリカのフィギュアスケート選手です。

この試合で3位になったのは、日本の友野一希くんでした。







この選手もまた、伸びてきそうで目が離せませんね。

1位との差は8.61点なので、そんなに差があるわけではなかったのです。

さて、世界初ではなくなってしまった、羽生くんの4回転ループですが、そうなれば内容で勝負です。

加点のたくさんもらえる、美しい4回転ループを跳んでくれることを期待しています。

そして、ジャンプだけではありませんね。


羽生結弦オレンジ色の衣装


スピンステップでもたくさん、たくさん加点をもらって、それで、優勝をさらって行ってくださいね。

羽生くんは、「アイスショー」や「エキジビション」などでは、4回転ループを何度か成功させたことがあり

ましたね。

9月の半ばのインタビューでは、成功率は50%だと語っていましたが、その後どうなったのでしょうか?

何はともあれ、足の調子が良い状態で、試合に臨めることを祈っています。_(._.)_







posted by てるてる@ゆずリスト at 01:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする