2016年11月30日

ライバルであり同期の仲間と共に成長した羽生結弦


先日の「NHK杯」では、羽生くんと同期の田中刑事選手、日野龍樹選手の3人が、同じ舞台で試合をしまし

たね。

ノービス大会の時代から切磋琢磨してきた3人は、お互いを「ゆづ」、「デカ」、「フェイ」と呼び合ってい

るそうで、良きライバルです。



spn_spnbiglb-20161125-0061-000-p-0.jpg



羽生ファンなら、もうとっくに知っていますよね。

”デカ”とは田中選手のことで、名前の刑事から来ていますし、”フェイ”は日野選手の父親がロシア人なの

で、ハーフですから、そのミドルネームのフョードルからきているそうです。

今では先を突っ走っている羽生くんですが、2015年のノービスBでは、日野選手が優勝し、2位は羽生く

ん、3位が田中選手でした。

2016年のノービスAでは、日野選手が優勝し、2位は田中選手、3位が羽生くんでした。



羽生結弦公式練習



このように、1位〜3位を3人が入れ替わりしながら、互いを高めあってきた同期なのです。

良いライバルなら自分の成長にとって、その存在は貴重ですよね。

ライバルの成長に刺激を受け、自分も追いつこうと努力して成長していく、まさに理想の形だったのです。

さらに今年から、チームの監督が羽生くんの所属先のANAの城田憲子さんになったことで、羽生クンだけで

なく羽生くんのご家族にとっても、精神的に大きな支えになっているそうです。







ショートでは、薄紫色の新しい衣装に替えて、イメージチェンジをはかった羽生くんですので、意気込みが感

じられますね。

話は変わりますが、今日はタイ3日目です。

朝はゆっくりし、昼前の11時過ぎに出かけました。

近くの駅から電車に乗り、乗り換えてまた船に乗り、国王ゆかりのエメラルド寺院を参拝してきましたが、ゾ

ッとするような人込みで、早く帰りたい…そんなことばかり考えていました。

楽しかったのは楽しかったのですが、夕方のラッシュ時になると非常に電車が混むので、その前に帰ろうと必

死だったのです。



羽生結弦 衣装



蒸し暑いの人が多いの...まるで真夏でしたが、これが冬だなんて信じられません。

顔がピリピリしているのは、日焼けしたせいですね、きっと。

船は爽やかで気持ちよかったですが、水の色は茶色、なんであんなに濁っているのか不思議でしたね。

明日は何をしようかな?と考えている私です。

でも一番やりたいことは、羽生くんについてのブログを、じっくり書くことなんです。

今は眠くてボロボロですので、何を書いているのやら...半分訳が分からなくなっています。

読んで下さった方、すみません。 ありがとう。







posted by てるてる@ゆずリスト at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦のエキシビション「ノッテステラータ」が素敵!


昨日、羽生くんのエキシビションの記事を書きたかったんですが、やっぱり無理でした。

と言うのも、昨日は早朝からANAに乗って、タイのバンコクに初めてやって来たのです。

ANAといえば、羽生くんのスポンサーになっていますね。

CAさんたちも、皆さん素敵でした。



羽生結弦ANA



その中のお一人と話したのですが、羽生くんには会いたいけど、まだ会ったことはないそうです。

名古屋の方で、中京大学の出身だそうなので、浅田真央ちゃんと同じ大学ですね。

とっても感じの良い方でした。 お世話になりました。

この時期羽生くんがタイにやってくるわけもなく、もちろん見かけるはずはありませんでしたけど。

ホテルに着いてから、落ち着いたら書こうと思ってパソコンを開いてみたものの、遅くなったり疲れたりで、

途中で眠ってしまいました。

従って、きょうこの記事を書いているのは、バンコクのホテルの部屋なんです。



羽生結弦「ノッテ・ステラータ」



目的は観光とその他で、日本への帰国は、12月9日の金曜日になります。

フィギュアのことが頭を離れない私は、なぜこの時期にフィギュアと関係ない、暑いタイへ来てしまったの

か、今さらながら少々後悔しています。

別に、いつでもよかったのに…。

そんなこと、言っても仕方がありませんので、話をスケートに戻します。

羽生くんは、現状に満足することなんてありませんよね。

これでもか、これでもかとばかりに、難しい技術に挑戦していますよね。







そうすることによって、今取り組んでいるジャンプが、もっと簡単に思えるようになるそうです。

精神面が鍛えられ、非常に強くなりますから、自信にもつながるようですね。

安定した演技構成点の高さといい、羽生くんのGPファイナル4連覇は間違いなさそうに思えます。

また、エキシビションの「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」を舞う羽生くんの美しいこと!

まるで白鳥の生まれ変わりであるかのごとく、羽生くんの演技に見入ってしまいました。

衣装のソデについている羽が、また優雅でいいんですよね。







男子の「GPファイナル」は、それほど間を置かずに始まります。

ショートは、現地時間(フランス)の12月8日(木)なので、日本時間で言うと12月9日(金)になりま

すね。

テレ朝チャンネル2では、その放送が、9日の15:30〜16:50の予定になっています。

フリーの放送は、10日の14:30〜16:10です。

羽生くんの試合についての感想は、もちろんこのブログに書きますが、タイのことも少しだけ書きたいと思っ

ています。



羽生結弦



ちなみにきょうは、カンチャナブリに車で行って、タイメン鉄道に乗ってきました。

この時期タイは冬だそうですが、日中の気温は30度を超える日もあって、歩くと汗がふき出して蒸し暑いで

すし、夜も24〜25度で蒸し熱い感じがします。

これで冬だと言うのですから、驚いてしまいますね。

さて、明日の行動に備えて、そろそろ休みます。 

ではまた〜次はいつになるでしょうか? 明日かも知れませんが(笑)。







posted by てるてる@ゆずリスト at 03:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

羽生結弦またも300点越えで「NHK杯」優勝!〜動画


羽生くん、「NHK杯」優勝おめでとう!!

ショートとフリーの合計が300点を越えて、301・47点1位になりました!

今季のGPシリーズでは、300点越えしたのは羽生くんただ一人なので、今季世界最高得点となります。



羽生結弦「ホープ&レガシー」



この試合では「緊張したあ」と漏らした羽生くんですが、300点超えは3度目なのです。

女子は宮原知子選手2位で、羽生くん、昌麿くんと同じく「GPファイナル」出場を決めました。

ショートでは、冒頭の4回転ループをステップアウトしてしまった羽生くんですが、フリーではきれいに決め

ましたね。

その瞬間、テレビに向かって思わず「わーっ!」と叫んでいた、私です。

さっそく動画が上がっていましたので、お借りしました。







後半最初の4回転ジャンプで転倒はしたものの、しっかり4回転まわりきってのジャンプを含め、4回転を4

つ跳べたというのは、羽生くんとしては初めてだったんですね。

昨シーズンは、フリーでの4回転ジャンプは3度でしたが、今回はそれを4度に増やしています。

ここにも、羽生くんの進化が見られます。

「去年と同じことをやる気は、全くありません。」と羽生くんは、はっきりと言っていました。

ショートの試合の時には、「最前列しか見ることができなかった」と言う羽生くんですが、今日のフリーで

は、「遠くのお客さんにまで、視線を移しながら滑ることができました。」と、満足げでした。







それを聞いた会場の人たちからは、どよめきが湧きました。

会場に行けば、羽生くんに視線を投げかけてもらえるんだ! (これは…もう、行くしかないか…。)

試合後のインタビューでは、このようなコメントが。

「まだまだだな。 やるべきことがたくさんあると思う。 かなり頑張ってきます。」と、これからの練習へ

の決意を語っていましたので、「GPファイナル」が楽しみです。

2位のネイサン・チェンは、フリーで5回も4回転を入れていますので、回転数が足りていてきれいに回れて

さえいたら、転倒しても減点は小さくて済むので、高得点が狙えますね。



羽生結弦



強敵になるのは確実だと思います。

田中刑事選手3位になり、自己ベストを更新していますので、本当に良かったですね。

日野龍樹選手との3人は同級生で、幼いころから一緒に練習していた仲間だそうです。

羽生くんは、試合が終わった後のインタビューで、「同級生の田中選手も3位になりましたね。」などと3人

が同級生だということに触れられると、「龍樹、もっと来いや、と思います。」と冗談混じりの口調で、でも

心は本気で、言っていましたね。

いいなあ〜アスリートの仲間って〜カッコいいですよね。



羽生結弦 田中刑事 日野龍樹



さて、フランスのマルセイユで行われる、「GPファイナル」の放送予定ですが、このようになっています。

男子ショート、12月9日(金) よる8時〜

女子ショート、12月10日(土) よる6時56分〜

男女フリー・エキシビション12月11日(日) よる7時58分〜

海外の試合予定を見る時、いつも分かりにくいのは、現地時間なのか?、日本時間での表記なのか?、という

ことなんです。

この時間帯での放送ということは、日本時間なのでしょうね。







posted by てるてる@ゆずリスト at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする