2017年05月13日

世界で賞賛される羽生結弦と日本の素晴らしいファンたち!


羽生くんを応援するために、国内やたとえ海外であっても、試合会場に直接駆けつけて応援する

日本のファンの方たちはすごいな〜!と、いつも思います。

そういった方たちのマナーについて、海外で称賛されています。

素晴らしいことですね。

日本人のフィギュアファンの熱心さは、世界でも話題になっているのです。


羽生結弦とファンの応援


アメリカのスケート専門メディアの「アイスネットワーク」は、各大会で熱烈な声援を送る日本人

ファンの存在に注目し、なんとその特集をしています。

「フィギュスケートは日本で人気が高い。とても、とても高い」とレポートしているんです。

昨年のグランプリシリーズ第2戦となるスケートカナダで、オンタリオ州ミシソーガの会場に多数

のファンが駆け付けたことや、今年2月に韓国で行われた四大陸選手権の観衆も4分3が日本人

ファンだったこと、ヘルシンキで行われた世界選手権にも日本から約4000人のファンが来場

したことなどを紹介していました。

試合会場に駆けつける日本からのファンたちを、羽生くんのコーチであるオーサーも一目置いて

いるようです。







記事の中で、「私はバリーの人々に日本からのファンたちがやってくるよ、と事前に呼びかけて

おいたんだ。

本当にこのこのスポーツを動かしているのは彼女たちなんだよ。」と、ファンの後押しの大きさ

ついて語っているのですね。

しかし、日本人ファンの愛情はこれだけに留まりません。

つまりファンの愛情は、日本人選手だけに注がれている訳ではなく、ロシア女子選手のエフゲニア

・メドベージェワ
や、このところ見かけませんがリプニツカヤも可愛くて人気がありましたね。

日本のスケータのライバルではありますが、それを越えて私は2人とも大好きです。

ハビエル・フェルナンデスたち、海外スケーターの代理人を務めているデビッド・バーデンは、

記事の中で「ファンからのメールの大半、95%くらいは日本のファンからのものです。


羽生結弦とファン


誕生日カードや単なる普通のハガキではなく、デザインものやギフトが入った折り紙、Tシャツ、

食べ物も送られてきます」と言っています。

そんな熱烈なファンに対して、羽生くんや選手たちが感謝している様子もレポートされています。

また、日本人ファンは自国の国旗だけではなく、他の国のものも持参して大会を盛り上げています

が、その様子について記事の中では、「素晴らしいスポーツマンシップに溢れた観戦だ!」と称賛

していて、改めて競技を支えるファンの存在にスポットライトを当てています。

海外でも脚光を浴びている、応援する日本人ファンたちですが、会場に駆けつけているファンの陰

には、その数倍、数百倍のファンがいます。


羽生結弦とメドベージェワ


名古屋市長も元フィギュア選手の鈴木明子さんも、フィギュアが大好きでかつ熱心なファンです。

記事は他国の国旗も持参して大会を盛り上げている日本人ファンについて、「彼らに対して、国際

スケート連盟は『ドウモアリガトウ』と何度も、何度も繰り返し伝えるべきだろう」と締めくくっ

ていました。

こうなると、また一段と楽しみになるのが平昌オリンピックですし、そこでの日本人ファンたちの

応援ですね。

試合だけではなく、また違った角度からも楽しめそうです。

きょうはちょっと「羽生結弦」の話題に乏しかったでしょうか…?







posted by てるてる@ゆずリスト at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする