2015年01月08日

羽生結弦自分の演技を自分で解説、金メダルの演技動画


ゆづくんの入院はもうしばらく掛かりそうですね。

2週間の安静と、1か月の入院。  当初の発表ではそうなっていました。

その後報道がないので、順調に回復していることと思います。

病名と症状は【尿膜管遺残症】で、へその病気と言えます。


羽生結弦


痛みや発熱のほか、へそから分泌物や膿(うみ)が出たり腹部の腫瘤(しゅりゅう)として発症、

また汚れた尿が出ることもあるようです。

治療は、排膿切開と抗菌薬の投与が一般的です。

最近では体への負担が少ない腹腔鏡手術も行われているので、それなら傷も1cm位で、術後の回復も早いそうです。







今後の選手生命に影響はなさそうなので、王者羽生結弦の復活も、それほど遠くはないでしょう。

しっかり落ちた体力と筋力の回復は、しっかりと病気を治してからですね。

そんな訳で、羽生くんが留守の間に、今までの彼の活躍を振り返って見ませんか?



羽生結弦パリの散歩道



今日は羽生くんが、羽生結弦の演技を振り返って、解説してくれる動画です。

ソチオリンピックで金メダルを獲得した時の、ショートプログラム「パリの散歩道」と

フリープログラム「ロミオとジュリエット」の演技についてです。





本人の解説なので、とてもリアルで面白いです。  こんなことは滅多にないですよね。

内輪だけでの祝勝会のようで、いつもより砕けた感じのゆづくんでした。

ロミオとジュリエットを演じていた後半は、ジャンプの失敗等で体力を奪われ殆ど意識がなく、

ただ曲に合わせて体を動かしていただけだったなんて、見ていた私達には想像も付きませんでしたね。


羽生結弦


驚きました!  練習で滑り込んで来たので、体が無意識状態でも反応したという事なんでしょうね。

演技が終わった瞬間に「これで金メダルは無くなった」と思ったそうですが。

悔しさの残る金メダル...と羽生くんは言っていましたが。。。

いいえ、私達にとっては日本全体を明るくしてくれた、貴重な金メダルでした。







posted by てるてる@ゆずリスト at 00:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: