2017年04月30日

羽生結弦が気になる同世代アスリートとフィギュア強化選手


「アスリートがアスリートをリスペクトする」、これって微笑ましいし、またうらやましくも感じます。

羽生くんは『気になる同世代のアスリート』として、プロ野球日本ハムの大谷翔平投手を挙げました。

2人は同じ年で、22歳ですね。



羽生結弦「表彰祝賀会」2017



プロの世界で投げる・打つの二刀流で活躍する同学年の姿に、「新たな境地に踏み出そうとしている

勇気や、貪欲に努力をし、自分を研究しているところとか、すごく勉強になるし、尊敬していま

す。」と、敬意を表しました。

大谷選手はいま、左太もも裏の肉離れで離脱中という、体の不調に苦しんでいます。

羽生くんもまた、4月に左足甲のケガに苦しめられましたね。

羽生くんは今はすっかり良くなったようで、シーズンが終わってからは2日休んだだけで、すぐに

練習を再開しました。



羽生結弦2017練習



「自分と同じような境遇を、今シーズン体験しています。

これからまた頑張ってほしいと思います。」と、大谷選手を思いやっていました。

今後挑戦してみたい競技については、「冬季の種目ではないんですけど、アーチェリーか、弓道を

やってみたいです。

一つに懸ける思い、一つの的に集中を研ぎ澄ます感覚は勉強になると思います。」と、集中力や

メンタルを学べることを上げました。

それに加えて、自分の名前に「」の文字が入っているからというのも理由だそうです。






オリンピックへの意気込みは、「結果を残すことが、一番みなさんを引っ張れると思います。

自分のことに集中して、やるべきことをやりたいと思っています。」との心構えです。

さて、国別対抗戦が終わって振り返ってみれば、この試合はこれまでのシーズンを締めくくる試合

というよりも、まるで来シーズンの始まりを告げるかのような試合ではなかったでしょうか。

選手や関係者、また見ていた私たちファンも、オリンピックシーズンを強く意識した試合だった

ような気がします。

4月27日、日本スケート連盟は、平成29年度の強化選手を発表しました。

フィギュアスケートでは、男子が羽生くん、宇野昌麿くん、田中刑事、無良崇人、の4選手。



表彰祝賀会2017ブログ「氷の城」羽生結弦



女子は宮原知子、樋口若葉、三原舞依、本郷理華、本田真凜、坂本花織の6選手です。

引退した選手がいるかと思えば、新たに名前が挙がった選手もいて、私がこのブログ「氷の城」を

書き始めたのが2014年12月1日ですから、かれこれ2年と7か月…。

かなりメンバーが代わりましたね。

ちょっと寂しく感じると同時に、どんな活躍をしてくれるのか、新しいメンバーに期待もしています。

そして、羽生くんの更なる活躍も!

来季は、今まで以上に選手の皆さんにとって気合が入る年ですね。

くれぐれもケガの無いように気を付けて、頑張ってください。







posted by てるてる@ゆずリスト at 15:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: