2017年05月07日

羽生結弦はジェントルマン?織田信成が語る素顔とは…


日本人フィギュアスケーターの男子も女子も、大活躍していますよね。

その影響で、フィギュア人気は高まる一方です。

大会があれば、テレビ中継は毎回高視聴率を稼いでいますからね。

しかしそれとは裏腹に、全国的にみてスケートリンクは減っている、というのです。

1960年代の終わりから70年代にかけては、手軽な冬のレジャーとしてスケートがブーム

だったのですが、なぜ減ってしまったのでしょうか。


羽生結弦ブログ氷の城


リンクを継続するのに、費用が掛かり過ぎるからでしょうか?

かつて羽生くんが通っていたスケートリンクも、閉鎖の危機に見舞われたことがありましたね。

オリンピック金メダリストの荒川静香さんの働きかけで、かろうじて存続する事が出来ましたが。

伊豆を例に取ると、かつては伊豆の国市にあった日通伊豆富士見ランドや、箱根の駒ケ岳山頂、

箱根園などにリンクがあり、伊豆各地から直通バスが運行していたそうです。

また、スケート教室を行う学校もあったのです。

その後、一時は伊豆市のラフォーレ修善寺、天城高原東急リゾートにもリンクが出来、家族連れや

カップルでにぎわっていたというのですが…。






しかし現在は、近隣で存続しているリンクは1カ所もなというのですから、淋しい限りですね。

これは全国的な傾向のようです。

羽生くんや浅田真央さんの後を追う若い選手たちが育ってきているのは確かですから、伊豆にも

身体能力が高くフィギュアをやってみたい子どもは少なくないのではないかと思われるのですが、

リンクがないことには競技に親しむ環境がないので、生かすことが出来ません。

残念なことですね。

羽生くんの人気は日本はもちろん、海外でも高まる一方です。

織田信成さんが、日本テレビ系「くりぃむしちゅーの!THE レジェンド2017」で語った

ことによると、アイスショーの際、ファンが羽生くんに贈るプレゼントの数について「普段は外の


羽生結弦プレゼントのゆくえ


廊下とかにプレゼントが置いてあるけど、そこでは置き切れないので別室に置いてあります。」と

羽生くんへのプレゼント専用の部屋が用意されていることを明かしました。

いかに数が多いか、想像を超えるものがありますね。

そして、羽生くんの素顔についても語ってくれました。

羽生くんは、めちゃくちゃジェントルマンだそうです。

「女性が出ていくときは自分が率先してドアを開けたりとか、いすを引いてあげたりとか、女性に

ものすごく優しいんです。」と、女心がわかる男だと紹介しました。

これはカナダで身についたこと? それともお母さん思いで優しい羽生くんにとっては、自然に身

についたものなのでしょうか?


羽生結弦×浅田真央 EXボストンワールド1-600x497.jpg


素敵ですね、やはり羽生くんにはスマートな仕草が似合います。

羽生くんの意外な面として織田さんが挙げたのは、食べるのが苦手だということです。

「あまり食べませんね、一緒にご飯を食べていても、おなかいっぱいみたいな。

揚げ物は、食べているところを見たことがありません。

『(ジャンプで)回っているときに胃がもたれる』といっていました。」と。

羽生くんが食が細いのは、ファンなら誰でも知っていますよね。

最近は肉体改造のため、食べる量を増やしているようでしたが、シーズンが終われば元の食事に

戻ってしまうのでしょうね。







posted by てるてる@ゆずリスト at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: