2017年08月16日

羽生結弦マンガが好き過ぎて深入り!演技に影響が?


羽生くんはマンガ好きで、普段からマンガをよく読んでいるそうですね。

特に『少年ジャンプ』や『ジャンプ+』がお気に入りのようです。

でも、ストーリーに入り込み過ぎな一面も…。

「マンガのような、物語性のあるものにすごく影響されるタイプ」なのだそうですが、これは決して

大袈裟ではなさそうです。


羽生結弦


マンガに深入りして夜眠れなかったり、演技に影響が出るときもあるそうですから。

演技に影響って!?例えばどんな事だったのでしょうか…?

ここのところは、具体的に聞きたかったですね(笑)。

ど迫力な演技をしながら、頭の中はマンガの戦いのシーンが渦巻いているとか?

あるいは滑らかなスケーティングをしているときに、ロマンティックなマンガの一コマに入り込ん

でいたりとか?







それはまさか、試合中ではないですよね。

アイスショーでの演技の時なのでしょうか?

「実生活が、すべてその物語に影響されてしまう時もあります。」と言うのですから、相当じゃあ

ありませんか〜。

想像力が豊かというか、現実離れしていますね(笑)。

でも、まんざらわからない話ではないかも…。

こんな経験をしたことがある人は、案外多いかも知れませんね。


羽生結弦


良くできたストーリーやキャラクター、イラストなど、マンガが優秀だからということもあるで

しょうね。

羽生くんが好きなマンガのジャンルは、“ファンタジー系”や“スポ魂系”だそうです。

これには納得ですね。

「基本的に、現実ではありえないだろってことが起こるところが好きです。

あとは自分がスポ魂系なので。」と話していました。


羽生結弦


人気マンガの一つに「ファイアパンチ」というのがありますが、その作者の藤本タツキさんが、

“氷上のプリンス”羽生くんの世界観を融合させ描き下ろした、コラボイラストを公開しました。

そこで羽生くんのマンガ談義となったわけです。

コラボイラストは、ロッテキシリトールガム発売20周年記念プロジェクトの一環として行われた

ものでした。

このイラストは、17日発売の「週刊ヤングジャンプ」38号に掲載されます。






posted by てるてる@ゆずリスト at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: