2018年02月13日

羽生結弦平昌で復帰インタビュー語った心境は?

羽生くんの記者会見が、午前10時30分ごろから行われました。

そこで語った内容は、次のようなものでした。

ケガをしてから3か月間、ほんとに試合を見るだけだったし、スケートも滑れない時期がすごく長

くて、すごいきつい時期を過ごしましたが、無事にオリンピックの会場でメインのスケートリンク

で滑ることができて、ほんとにうれしく思います。

まだ試合が始まったわけでもないですし、全然気を緩めるつもりはないんですけれども、しっかり

集中しながら、できることをしっかりと一つずつやっていきたいと思っています。

自分がけがをして苦しい時期もですけれど、ほんとに年が明けてからも、たくさんいろんな方々か

応援メッセージをいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。


羽生結弦平昌で復帰インタビュー


まだ試合が終わってないので、こういうのも変かもしれないですけれど、本当にたくさんのメッセ

ージありがとうございました。

そのメッセージの力も、自分のスケート、演技につなげたいなというふうに思っています。

こんなにたくさんの方々に囲まれて取材を受けることができる選手って、ほんとに限られてると思

いますし、数だけじゃなく、ここにいる人々からさらに多くの人々へ、メディアを通して見ている

方々だったり、今日も(公式練習に)駆けつけている方もいらっしゃいましたけど、そういった

たくさんの人々に自分のスケートを見てもらえるんだな、という気持ちでいっぱいです。

それがプレッシャーという言葉にもなるのかもしれないですけど、僕にとって、やっぱり久しぶり

に試合で滑ることができるので、むしろその力を精いっぱい受け止めたいなと。

そして僕のことをほんとに待ち望んでくれた方々が、ここからさらに広がっていっぱいいると思う

ので、そういう方々にも、見てて本当に良かったな、待ってて良かったな、というような演技をで

きるように頑張りたいと思っています。


羽生結弦平昌オリンピック練習


ジャンプを跳べるまでというか、リンクに乗れるまでがすごく長かったので、その間、陸上でジャ

ンプのフォームだとか、イメージだとかを非常に確固たるものに固めることをやっていたので、

氷上に乗り始めて最終的にジャンプが跳べるようになった時はもう、とりあえずそのイメージを

氷上に移してやるという感じでした。

3回転や4回転を跳び始めたのは、3回転が3週間…、トリプルアクセルは3週間前です。

4回転がそうすると、2週間から2週間半前くらいだと記憶しています。

特にけがをしたから精神的に強くなった、という気持ちはないです。

スケートが滑れなかった期間が2か月くらいあって、その中で、スケートをしてたら学ぶ機会がな

かったものがたくさんあったと思いますし、スケートができなかったからこそ陸上でできたことだ

ったり、考えることができたこともたくさんあるので、そういった意味では全然2か月間は無駄だ

ったと思ってない
し、むしろまた、たくさんのことを学べたなというふうに思っています。

けがをしてしまって、ほんとはNHK杯の時に痛み止めを打ってでも出ようと思っていたんですけ

ど、足首が動かなくなってしまったので、痛みどころじゃなくて。






それからこうやって2か月たって滑るにあたっても、やはりなかなか難しいものがあったりして、

これは治るんだろうかと考えてた時期もたくさんあったんですけれども、でも実際こうやって今滑

れてますし、それがすべてだなと思います。

過去に考えていたことはたくさんあるし、ネガティブなことばかりだったかもしれないですけど、

でも今こんなにたくさんの方々の前でこうやってしゃべってますし、しかも悪いニュースじゃなく

ていいニュースとしてみなさんの前でしゃべってるので、もうとにかく今できることを、この平昌

の、自分がほんとに夢に描いていた舞台で、夢に描いた演技をしたいと思っています。

韓国の地で滑ってみて、昨年の4大陸(選手権)の時もそうでしたけれども、非常に感覚がいいな

というふうに思いました。

まだまだ調整段階なので、やっていないジャンプやエレメンツが自分の中で計画があるので、その

計画に沿って臨機応変に、自分にピークをつくっていきたいと思っています。

まだ試合までに数えられるほどの時間はあるので、その時間を有効的に活用して、個人戦にピーク

が合うようにしっかりやっていきたいです。


羽生結弦オリンピック試合リンクにて


ソチの時は体重をちゃんと量ってなかったのでわからないんですけど、4年前よりも筋力がついて

ると思うので、体重はちょっと増えていると思います。

ループに関しては、うーん、あまり言うことはないかなって思います。

作戦がすごい大事だと思ってるので、たくさんの選択肢があるし、もちろん自分のなかではクリー

ンに滑れば絶対に勝てるという自信はあるし、そのクリーンに滑るプログラムを何にしていくかっ

ていうのは、これから徐々に調子を上げていくなかで決めたいと思っています。

体力に関しては非常に不安でした。

氷上に乗っていなかったので、自分の回転の感覚であったりとか、氷の感触であったり、スケート

の感覚であったり、そういうものは不安ではありましたけど、でも滑ってみて1か月たってここに

いるので、オリンピックに出られると思えるぐらいの練習はしてこられてるので問題はないです。

つらかったことって、特にはないんですよ。

ひたすらやるべきことをこなしてきましたし、もうこれ以上ないことをしてきたので何も不安要素

はないです。


01_image_size_624_x.jpg


ただひたすら、今この場所でやれることをやりたいと思っています。

以上、語ったことが、現在の羽生くんの正直な気持ちです。

この会見に先駆けて、羽生くんは試合本番のリンクとなる江陵アイスアリーナで、2度目の公式

練習を行いました。

開始から10分ほどで上着を脱ぐと、ジャンプを跳び始めました。

3回転ループ、3回転フリップ、トリプルアクセルに続き、4回転トーループ、サルコーを跳び、

見事に成功させました!

フリーの「SEIMEI」の曲かけでは、4回転からの連続ジャンプにも成功!

40分間の練習で2種類、計5回の4回転ジャンプを決めたのです。

いずれも軸が細くて、簡単に跳んだかのように見える美しいジャンプでした。

とても調子がいいのは間違いなさそうなので、期待が高まります!






posted by てるてる@ゆずリスト at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽生結弦練習開始&プーさんの代わりにケーキのティッシュカバー

羽生くんは、さっそくきょうから練習を開始しましたね。

その記事を書く前に、昨日お知らせしましたが、見逃した方のためにもう一度載せておきます。

とってもお得なお知らせが入ったので見てくださいね。

もちろん見るのは無料(笑)。

あなたのメアドを登録するのも無料です。

そしてあなたに現金1万円がプレゼントされます!

抽選じゃなくて、必ずもらえるんですよ。

これだけ見ると怪しい!?と思ってしまうのは当然(私も思ったので)。

でも私、メアド登録しましたが、何の問題もありませんでした。

気になる人は、プレゼントについて詳しく説明してある下記のURLを見てくださいね。

https://jisedai.me/alpcr/?a10=6avpC

期間限定なのでお早めに!

一万円プレゼント


11日に韓国入りした羽生くんは、12日、江陵(カンヌン)アイスアリーナの練習用リンクで初

めて練習をしました。

その様子を、すでにテレビで観た人も多いかも知れませんね。

午後7時5分から練習をスタートした羽生くんは、4回転ジャンプは跳ばず、練習の最後にトリプ

ルアクセルを跳び、やや前傾姿勢になりながらもきれいに決めました。

着氷はけがをした右足1本で降りましたが、そこには不安を感じさせるものはありませんでした。

この練習を見る限り羽生くんは大丈夫そうに見えましたが、練習時間は40分間あったのに、15

分で切り上げたのが気になります。


羽生結弦オリンピック韓国江陵で練習


少しでも足への負担を減らしたかったのでしょうか?

それとも、前日の夜に宿舎に到着したばかりなので、軽めの調整にしたのでしょうか?

一緒に滑った田中刑事選手が「大丈夫?」と聞くと、羽生くんは「うん、大丈夫」と答えたといい

ます。

結局この日跳んだのは、1回転8本、2回転1本、トリプルアクセル1本の計10本でした。

オーサーコーチが羽生くんの調子について、「ユヅルを見くびらないでほしい」と太鼓判を押して

いたので信じています。

練習用リンクに詰めかけていた各国の報道陣に、羽生くんは「お疲れ様です。ありがとうございま

す。明日お願いします」と笑顔で言い残し、会場をあとにしました。






いつもなら、アイスリンクのフェンスにプーさんのティッシュケースカバーがあるはずですが、こ

の日はプーさんを封印していました。

そのかわりに、めっちゃかわいいショートケーキのカバーを置いていたのです。

羽生くん、女子力高すぎです!

2014年のソチオリンピック同様、国際オリンピック委員会はロゴや商標の扱いに厳しいため、

羽生くんはお気に入りのプーさんを封印せざるを得なかったのです。

そして元フィギュアスケーターの町田樹さんが、テレビ東京の平昌オリンピックの中継に、解説で

登場しました。

久しぶりに見る姿に、懐かしさを覚えました。

現在は、早稲田大学の大学院で学業に励んでいるそうですね。


羽生結弦ケーキのティッシュカバー


町田さんは、この日初練習に臨んだ羽生くんの練習映像を見て、次のように分析しました。

「あくまで推測ですが」と強調した上で、「現時点で痛みがなければ、ジャンプやスピンといった

技術面はすぐに戻ってくるはず。

問題は、プログラムをまとめ上げるための持久力が、どれほど戻ってきているのかですね。」と。

最後に跳んだトリプルアクセルに関しては、「少し重たい感じが見受けられた」そうです。

羽生くんが氷の上に載ったのは、1月初旬のことだそうですから、やっと1か月たったばかりです。

私たちは羽生くんを信じて見守り、応援することしかできません。

13日(火)午前は本番のリンクで練習し、そのあと記者会見がある予定です。

そこでは、どんなことを語ってくれるのでしょうか。






posted by てるてる@ゆずリスト at 01:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

羽生結弦「平昌オリンピック」のため韓国入り!

羽生くんがきょう11日(日)に韓国入りしました!

これについては後で書きますが、その前にちょっと。

とってもお得なお知らせが入ったので見てくださいね。

もちろん見るのは無料(笑)。

あなたのメアドを登録するのも無料

それだけであなたに現金1万円がプレゼントされます!

抽選じゃなくて、必ずもらえるんですよ。

これだけ見ると怪しい!?と思ってしまうのは当然(私も思ったので)。

でも私、メアド登録しましたが、何の問題もありませんでした。

気になる人は、プレゼントについて詳しく説明してある下記のURLを見てくださいね。

https://jisedai.me/alpcr/?a10=6avpC

期間限定なのでお早めに!

一万円プレゼント


さて、羽生くんについて話を戻しましょう。

韓国の仁川(インチョン)国際空港に到着した羽生くんは、日本選手団の公式スーツに身を包んで

いました。

いつも空港に降り立った時にはマスクをしていますが、この日はしていませんでしたね。

また前髪がいつになく長かったので、病み上がり感?が…というのは考えすぎですね(笑)。

そして引き締まった表情で、次のように話しました。

「自分にうそをつかないのであれば、2連覇したい。

それだけが目的ではないので、自分の演技を持ちながら、オリンピックを感じたい。

しっかり頂点を追いながら、頑張りたいです。」との意気込みでした。


羽生結弦オリンピックのため韓国入り


そうでしょう、そうでしょう、ソチオリンピック以降、全てはこの平昌(ピョンチャン)オリンピ

ックを目指して走ってきたのですから。

「出られない試合が多く、非常にもどかしく思っていました。

試合の場に来られたことがうれしいです。

調子はまだ滑ってないので分からないですが、どの選手よりも勝ちたい気持ちは強いと思います。

ピークまでの伸びしろはたくさんあります。」と、笑顔でオーラを振りまいていました。

久しぶりに姿を見せてくれただけで、私たちもすごくうれしいですよね!

羽生くんが登場するだけで、オリンピックの空気が引き締まります。






羽生くんが公の場に姿を見せたのは、約3か月ぶりになります。

空港ではファンと報道陣など約100人が出迎えましたが、一時は羽生くんがファンに取り囲まれ

騒然となる場面もあったようです。

大変な騒ぎだったことが想像できますね。

羽生くんは個人種目となる16日のショートプログラム、そして17日のフリーに集中します。

男子で66年ぶりの連覇がかかる舞台を見据えていますが、いきなりのぶっつけ本番なのです。

SPで2度、フリーで4度または5度の4回転ジャンプを入れることを想定していますが、ケガの

原因となった4回転ルッツは回避すると思いきや、これから調整して決めたいそうです。


羽生結弦韓国入り


実戦は昨年の10月、ロシア杯でのショートプログラム以来となり、これから会場で調整を始め、

オリンピックでの本番となります。

その間は、陸上のリハビリと治療をやってきたという羽生くん。

リハビリも治療も、とってもきつかったはずです。

よくここまで頑張ってくれました。

本番での演技内容については、周りの状況を見て作戦を立てながらやりたい意向で、選択肢はいろ

いろあるそうです。

何はともあれ、冷静に落ち着いて、演技に集中して欲しいですね。

そうすれば、きっと大丈夫だと信じています!






posted by てるてる@ゆずリスト at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする