2018年01月08日

オリンピック間近、年男の羽生結弦に期待!

2018年が始まってから、もう1週間たちました。

今年はどんな年になるのでしょうか? 楽しみですね。

2月のオリンピックが、もう目前に迫ってきましたね。

どうやら平昌(ピョンチャン)オリンピックのチケットは、日本での売れ行きは好調で、JTB

などの旅行業界が活気づくほどだというのですから、よかったです。


羽生結弦


その中でも、特に羽生くんの人気は別格だそうです。

多くのキャンセル待ちを抱える旅行代理店も出ているほどで、「フィギュア男子の人気は別格だ」

とどこも口をそろえて言っているというのです。

ただしオリンピック開催中は、宿泊代など全てがオリンピック価格になるので、普段よりは割高に

なりますね。

このフィギュア男子の人気というのは、昌麿くんも人気はありますけれど、何といっても羽生くん

の出場が正式に決定したことが大きいですよね。






そんな羽生くんはフィギュアスケートではただ一人、二連覇のかかった選手です。

今ごろどうしているのでしょうか?

けがの回復具合はどうなのでしょうか?

その後、全く情報が入ってこないので、気になりますよね。

元フィギュアスケーターの小塚崇彦さんは、そんな羽生くんを思いやり「ゆっくり治してほしい。

彼は逆境に強いので、本来のあの“羽生結弦”が戻ってくると思う。

精神力で戻してくる」と復活を期待しています。


羽生結弦


私たちファンもそうなることを祈っていますけれど、オリンピックのリンクの中には、羽生くんに

安心をもたらすプーさんは持ち込めないのです。

プーさん関連のものは、スポンサーやブランドに関するオリンピックルールに違反するからだそう

ですね。

大会まであと1か月あまり。

二連覇はして欲しいけど…でも無理はして欲しくない〜というのは、どちらも本音です。

今年は戌年 年男の羽生くんにはきっといいことがあるはずです。






posted by てるてる@ゆずリスト at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

羽生結弦追加コメント「練習再開の見通しが立たない」

羽生くんのケガは、これまで報道されていた以上にひどく…(泣)

「全日本選手権」に出場できるかどうか?どころではなさそうですね。

きょう(14日)に、羽生くんの追加コメントが発表されたのですが・・・。

腱と骨にも炎症があるので、練習の再開日は未定だそうです。

コメントの内容は、次のようなものでした。


羽生結弦ブログ「氷の城」


「当初の診断では3〜4週間ほどで元に戻るということでしたが、通常の捻挫よりも治りが長引く

靭帯も、損傷していることがわかりました。

また、腱と骨にも炎症があるため、治るスピードが早くはありません。

まだ氷上に乗ることはできていませんが、今後、氷上に立ち左足を中心に、ストロークやクロス

など単純に滑ることだけから始め、少しずつ負荷を上げ、右足でのターンなどをできるようにして

いきたいと思っています。

いつから練習を再開出来るかは、まだ決まっていません」

というものですが、これにはものすごくショックを受けました。






羽生くんの脚の状態や、心の持ち方が心配なのは言うまでもありませんが、特に今シーズンは2月

オリンピックが控えていますよね。

だからこそ、羽生くんは難しいジャンプに挑戦し、練習も重ねてきたのだと思います。

けれども、羽生くんの練習の仕方については、オーサーコーチも心配していました。

そのため、羽生くんとはたびたび議論のようなこともしていました。

しかし羽生くんは、一度こうと決めたらそれに向かって一直線に進むタイプ。

だからこそ、ここまで上り詰めることができたのだと思いますが、これからは自分の脚のことや体

のことを大切にして欲しいという気持ちでいっぱいです。


Jisin_31522_tentsimg135791135791_1.jpeg


右足首のケガというのは、フィギュアスケートをする上で、多くの影響が出てしまいます。

6種類すべてのジャンプは右足着氷ですから、着氷のたびに痛みが生じます。

また、足首が腫れている状態なので、硬いスケート靴を履くのは大変困難になります。

さらに肩の脱臼と同じで、足首をひねるのは癖になりやすいので、再発する危険性もあるのです。

この機会に…と言っては羽生くんに申しわけないのですが、これまでの疲労のたまった体をゆっく

りと休めて、リフレッシュして欲しいものです。

羽生くんは現在世界ランキング1位、2017年の世界選手権では金メダルを獲得していますので、

オリンピックの代表入りは確実視されています。






posted by てるてる@ゆずリスト at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

えっ!羽生結弦「まだ練習ができてない」って

羽生くんのその後が気になります…。

11月9日に行われたNHK杯の公式練習中でのこと、4回転ルッツを跳んだときに転倒し、右足

の関節外側じん帯を損傷
してしまった羽生くんは、良くなっているのでしょうか?

ところが、現在でもまだ、氷上練習を再開できていないというのです。

羽生くんサイドと連絡を取り合った、日本スケート連盟の小林芳子強化部長は、羽生くんからの

コメントを次のように読み上げました。


羽生結弦「氷の城」ブログ


「だいぶ良くなりましたが、まだ痛みがあるため氷上練習はできていません。

治療とリハビリを頑張っています」と。

羽生くんは現在、練習拠点のカナダ・トロントで治療とリハビリに専念している状況だそうです。

次に控えている試合は、平昌オリンピック代表の最終選考会を兼ねた「全日本選手権」で、男子の

SPは12月22日、フリーは24日です。

しかし…羽生くんが体調万全で臨むのは、かなり難しい状況だとみられています。






仮に全日本に出場できなかったとしても、過去に世界選手権で3位以内の実績がある選手は、ケガ

などで全日本を欠場しても選考対象とすることがあるという救済条項によって、羽生くんの代表入

りはほぼ確実です。

ただ、その場合、約4か月も実戦から離れてしまい、ぶっつけ本番でのオリンピック出場となって

しまう可能性もあるわけですよね。

でも、もう無理はして欲しくないなあと思います。


羽生結弦「氷の城」ブログ


こんな声もありました・・・。

羽生くんは、すでに持っている4回転ジャンプ3種類でも、十分にオリンピックシーズンを戦える

選手です。

むしろ宇野昌磨、ネイサン・チェン、ボーヤン・ジンといった、“跳び盛り”の若手選手とは一線

を引き、キャリアのある選手なりに、スケーティングや音楽表現、今できるジャンプの質を上げる

ことなどにもっと力を注ぐべきだった、と。

私もそこに関しては同じ気持ちなのですが、それに留まらないのが“羽生結弦”というスケーター

なんですね。






posted by てるてる@ゆずリスト at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする