2017年04月27日

羽生結弦のターニングポイントこれからどう戦うのか?


元フィギュアスケーターの鈴木明子さんの目には、「絶対王者・羽生結弦」は、どんなふうに

映っているのでしょうか?

鈴木さんが、羽生くんについて語った記事に注目しました。

まずは今年2月に行われた、四大陸選手権のことです。

ショートプログラムが終わるまでは、まだネイサン・チェン選手宇野昌磨選手との間には少し

差があると思っていたように、鈴木さんには見えた羽生くんでした。



羽生結弦レッツゴー・クレイジー



ところが「もう、そうではない」と羽生くんが実感したのは、ショートプログラムが終わって目の

色が変わったのが分かったからだと言うのです。

結果的には、総合でも僅差ではありますが、ネイサン選手に敗れてしまいました。

しかしそれがバネになって、世界選手権の優勝につながったのはさすがでしたね。

ジャンプを失敗した時のリカバリーを教訓から学んで、たくさん練習してきたのです。

四大陸選手権は羽生くんにとって、「ターニングポイント」になったのではないかと、鈴木さん

は見ています。

羽生くんは、2014年のソチオリンピックで優勝して以来、ずっと注目の的です。



羽生結弦と宇野昌麿



ほかの選手たちは「どうすれば羽生に勝てるのか」を考えてきた結果、たどり着いたのは、羽生

くんが跳ばないジャンプを跳ぶことだったのです。

それはフリップやルッツの4回転の習得で、昌麿くんもネイサン・チェンも、ボーヤン・ジンも

それで差を埋めようと必至に練習してきました。

「世界選手権での羽生くんのフリーの演技は、今できる最高のものでした」と鈴木さんは言って

いますが、まさに歴史に名を遺す名演技でしたね。

その後行われた国別対抗戦の公式練習では、羽生くんのフリーの曲がかかると、ほかの選手たち

は動きを止め、羽生くんの動きを見守っていたほどです。

世界最高得点をたたき出した羽生くんのフリーに、誰もが注目したのです。







さてこれからはどこを磨いて、どれだけ完成度を高めるかという作業に入るはずの羽生くんですが、

あの時の演技をベースに、それにさらに磨きをかけていくつもりだと思われます。

人並み外れて負けず嫌いな羽生くんを、鈴木さんは次のように見ています。

「もっともっとすごい演技をしたい」と本心では思っているはずだ、と。

また「4回転アクセルを、世界で初めて跳びたいと本気で考えているかもしれませんが、もしケガを

したら大変です。

自分が今、何をすべきかを考え、情熱的に動きつつも、冷静にまわりを見ています。

以前なら『絶対にやる!』と言ったでしょうけど、抑える部分が演技にいい作用をもたらしています。



羽生結弦ブログ「氷の城」



アスリートとしての本能と、勝負師としての冷静さというバランスが取れているから、世界選手権

で勝てたのです。

そして10代の昌麿くんやネイサンは今後も新しい技に挑んでくるでしょうが、羽生くんは武器の

磨き方と使い方で勝負することになるでしょう。

この2人は演技構成点でも羽生くんに引けをとらないので、羽生くんは脅威だと認めているよう

ですが、今持っている3種類の4回転ジャンプがきっちり入るプログラムをノーミスで滑れば、

別格となることは間違いありませんね。

さらに言うなら、もっと感情を入れることが出来れば、ジャンプ以外をもっとエモーショナルに

できるのではないかと思います」ということです。

極めた羽生くんの演技を、私たちは是非とも見たいですよね。







posted by てるてる@ゆずリスト at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

羽生結弦5年生に!単位が足りない!


今年、早稲田大学を卒業するはずだと思っていたのですが…羽生くんは単位が足りないために卒業

できず、5年生になってしまったようです。

フェギュアでは世界選手権で優勝を飾ったものの、在籍している早稲田大学通信教育課程では、卒業

に必要な単位が取得できなかったのです。

それは、練習漬けの生活に原因があったからなんですね。



羽生結弦早稲田大学ブログ「氷の城」



羽生くんが所属していたのは、早稲田大学の人間科学部人間情報学科、通信教育課程『eスクール』

でした。

この学部は、インターネットの環境さえあれば24時間授業が受けられるというもので、学校への

通学はほぼないといってもいい仕組みになっています。

自宅や仕事先、海外など、どこにいても授業が受けられるので、忙しいアスリートや芸能人などに

人気があります。

もともとこのeスクールは、4年で卒業することが大前提ではないようで、マイペースで授業を

選択できることから、会社に勤めながら勉強する人も多いのです。







羽生くんは2012年からカナダに練習拠点を置いていて、練習漬けの毎日でした。

冬は競技が本格化するため練習に忙しく、オフシーズンの夏はアイスショーへの出演や、翌シーズ

ンの振り付けなどで忙しいため、勉強どころではなかったのですね。

そのため、自分の時間に合わせて授業を取ることができるこの学部を選んだのですが、予定通りに

卒業とはならず、うまくいきませんでした。

その直接の原因となったのは、皮肉にも羽生くんが優勝を飾ったソチオリンピックがあったから

でした。

入学した2013年は、ソチオリンピックを控えたシーズンが迫っていました。



羽生結弦「パリの散歩道」決めポーズ



入学して1年目だというのに、勉強する間もないくらい練習漬けの毎日で、金メダルをとるために

は仕方なく勉強を犠牲にしたのです。

それゆえ、同じタイミングで入学した生徒に比べて、1年近くの遅れをとってしまったのですね。

シーズンを終えてからは、勉強三昧の羽生くんでしたが、それを見ていたコーチのブライアン・

オーサーは、「今は大学の勉強を頑張っています。

オリンピックチャンピオンが別の道の勉強をするなんて、尊敬します」とコメントしていました。

eスクールというのは、ネットで受講して必要単位を取得すると、レベル(年次)が上がる仕組み

になっています。



羽生結弦とオーサーコーチ



けれども通学しなくてもいいとはいえ、簡単に単位が取得できるわけではありません。

小テストや課題・レポートの提出は、一般の通学生よりもむしろ多いくらいです。

トップアスリートであり続け、なおかつ勉強もとなると、本当に大変だと思います。

それでも羽生くんは、どちらも両立させながら頑張っているんですね。

頭が下がる思いです。

シーズンオフになった今、しっかりと勉強に取り組んでいることでしょうね。

とは言っても、またアイスショーでも華麗な演技を見せてくれることを期待している私です。







posted by てるてる@ゆずリスト at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

羽生結弦公式練習で4回転ルッツ成功!「アクセルも出来る気が…」


エキシビションも素敵だった、国別対抗戦

その練習もまた素敵でした 

羽生くんはエキシビションの公式練習で、4回転ルッツにいどみ、バランスを崩しながらも何とか

こらえ、着氷させたのです。

4回転ジャンプで一番難易度の高いのは、4回転半回るアクセルで、これはまだ誰も跳んだことが

ないものですが、羽生くんはそのアクセルジャンプについて、「出来る気がしてきました。」と。



9.jpg



その理由は、あるテレビ番組が羽生くんの3回転半をもとに、専門家の分析も取り入れて4回転半

の仮想等身大連続写真を作成し、シミュレートした結果、「10%速い助走」で「17センチ高く

跳び」「1・1メートル飛距離が伸びる」というデータを見たことによるものです。

「17センチというのは数字で見ると大きいなと思いますが、髪の毛くらいですね。」と話し、

「バーチャルを見て、イメージができました。ありがたいです。」と手ごたえを感じたようです。

話は戻りますが、4回転アクセルは基礎点が15.0に対して、4回転ルッツはそのすぐ下の難度

で、基礎点が13.6となります。

このジャンプが跳べる選手は、すでに2人いますね。







ネイサン・チェンとボーヤン・ジンですが、しかもこの2人は跳べるジャンプの種類が4種類あり

ますので、羽生くんや昌麿くんより1つ多いのです。

でも、4回転ジャンプの種類が多ければ優勝できるというものではないのが、フィギュアの難しい

ところでもあり、面白いところでもあります。

さて、国別対抗戦の視聴率に触れておきますと、平均視聴率は16・0%でした。

瞬間最高視聴率は、羽生くんが1位、昌麿くんが2位が決まり、最終滑走の昌麿くんがインタビュ

ーに答える場面の24・2%という高い数字でした。

エキシビジョンの平均視聴率は10・9%、関心の高さが数字に表れた国別対抗戦でした。



9 (1).jpg



アンコールの「レッツ・ゴー・クレイジー」で投げキスをした羽生くんに、場内が歓声のような

悲鳴に包まれました。

そして最後はマイクなしで、声を張り上げていました。

地声で羽生くんは、「3、2、1…」とカウントダウンし、「ありがとうございましたー!」と

絶叫して、今季を終えたのです。

これからしばらくの間、ちょっと寂しくなりますね…。

この期間にしっかりと英気を養い、次へのステップアップを図って欲しいです。

選手の皆さん、お疲れさまでしたー!!

楽しませてくれて、ありがとうございました。







posted by てるてる@ゆずリスト at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする