2018年03月26日

羽生結弦という存在の大きさを改めて知った昌麿くん

24日にフジテレビで生中継されていた「世界フィギュアスケート選手権2018」の男子フリー

を見ました。

右足の甲を負傷していた昌麿くんは最初の4回転ループを失敗し、そのあとの4回転フリップでも

転んで、立て続けに4回転ジャンプを失敗してしまいました。

けれど銀メダルを獲得することができて、本当に良かったですね!


羽生結弦と宇野昌麿氷の城ブログ


そして、痛めていた右足首の治療とリハビリに専念するため欠場した羽生くんの代わりに、友野一

希選手
が出場し、5位とよく頑張ってくれましたね。

選手たちの検討の甲斐あって、来年3月にさいたま市で開催される「世界選手権」で、日本人の

出場3枠が獲得できました。

この大会の平均視聴率は10・0%でしたが、最終滑走のネイサン・チェンの得点が出て、ネイサ

ンの優勝と昌磨くんの2大会連続銀メダルが決定した場面では、15・0%を記録しました。

女子も樋口若葉、宮原知子両選手が2位と3位になり、これまた3枠を獲得。

ひとまず「良かった、良かった」というところですね。

しかし銀メダルを獲った昌麿くんに、喜びはありませんでした…。






フリーの翌日、25日のインタビューでは、このように話していました。

「1日経って、もっとうまくなりたい、レベルアップしたいという気持ちになりました。

悔しい思いを力に変えたい。」と言う昌麿くんは、オリンピックでも銀メダルでしたね。

今シーズンは、グランプリファイナルでも、四大陸選手権でも銀メダルでした。

「改めて(ゆづくんの)存在の大きさを知りました。

うまくなって、精神的にも羽生選手くらいの強さがほしいです。」と語る昌麿くんです。

さてその羽生くんですが、これからのフィギュアスケートについて、こう言っていました。

「4回転はたくさんあった方が良いに決まっています。


羽生結弦インタビュー


たくさんの種類を跳べて、プログラムの中で全てが4回転だったら、それはだれも勝てなくなると

思います。」これは4回転時代の到来についての、羽生くん自身の思いです。

「ただ、それが可能かどうかはわかりません。

もちろん僕たちは人間ですし、スケート靴の進化、ブレードの進化はあると思います。

ただ人間が急激に進化しているわけではないので、急に4回転がたくさん跳べるとも思っていませ

ん。」そう語る羽生くんは、すでに4種類の4回転ジャンプに成功しています。

そしてこれから目指していくのは、4回転アクセルの成功です。

オーサーコーチは「実現させることができる人物がいるとしたら、それはユヅルだろう」との確信

を持っているようです。

何はともあれまずは早く足のケガを治して、万全な状態にしてリンクに立って欲しいものですね。






posted by てるてる@ゆずリスト at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

羽生結弦が氷上に復帰しだがリハビリで…

気になる羽生くんのその後です…。

オーサー・コーチによると、羽生くんはリハビリの一環として、氷上に復帰したとのことです。

とは言っても、氷の感覚を失わないように滑りを確かめる程度だそうで、本格的に練習を再開する

ということに関しては、まだメドは立っていないというのです…。

羽生くんのケガの状態については、今月7日に日本スケート連盟が発表したところによると、右足

関節外側じん帯損傷、腓(ひ)骨筋けん損傷ということでした。


羽生結弦ブログ「氷の城」


そして約2週間の安静と、3か月のリハビリ加療が必要との見通しでした。

オーサー・コーチは現在の羽生くんの状態について、次のように語っています。

「ユヅルにとって、オリンピックを乗り越えることが最優先事項でした。

しばらく休みが必要なのは明らかで、足首については長い目で見ないといけません。」と、慎重な

姿勢を崩していませんでした。

そんな羽生くんは、4月中旬に東京で行われるアイスショーでは、滑りではなくトークのみで参加

する予定になっています。






本格的に復帰できるのは、いつになるのでしょうね。

現在イタリア・ミラノで「世界フィギュアスケート選手権」が行われています。

そこには羽生くんはいませんが、日本男子で頑張っているのは宇野昌麿くん、田中刑事選手、友野

一希選手です。

昌麿くんは優勝候補と思われていましたが、右足甲を痛めている影響で、ショートは5位発進。

明日24日のフリーに向け、「あきらめない」と上昇を誓っていて、トップのチェンとは7・68

点差なので射程圏内にはつけていますが、当日の足の調子によるところが大きいようですね。


羽生結弦


話は変わりますが、「アスリートイメージ評価調査」で、最も「夢や感動を与えている」スポーツ

選手は、羽生結弦くんだという結果が出ています。

2位は大リーグのイチロー選手、3位が大谷翔平選手でした。

この調査はCMにスポーツ選手を起用する際に参考にするのが目的で、定期的に実施しています。

対象者は、首都圏と京阪神圏の15〜69歳の男女600人です。

やはり幅広い年齢層に人気のある羽生くんですね。






posted by てるてる@ゆずリスト at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

有言実行の「羽生結弦」はまだまだ未知数

羽生くんのオリンピック2連覇祝賀パレードは、4月22日に行われることに決まりましたね。

宮城県の県民栄誉賞も、同じ日に贈られることになるようです。

パレードは仙台市中心部で開催されますが、具体的な地名で言うと、仙台市青葉区の東二番丁通を

会場に、区間を前回より延長することを検討しているそうです。

きっと沿道は大変な人でしょうね。


羽生結弦ブログ「氷の城」


4年前は9万2000人が詰めかけましたが、今回はそれをはるかに上回るのではないでしょうか。

羽生くんが「オリンピックで金メダルを取りたい」とはっきり口にしたのは、14歳の時でした。

その時に言った言葉は、「日本には荒川静香さんのオリンピック金メダルがあるので、僕が日本で

2人目の金メダリストになりたいです!」でした。

その当時、ジュニアの選手であるにもかかわらず、「全日本選手権」に特別出場した羽生くんのラ

ンキングは、8位でした。

しかし当時のメディアは、「子どもの夢」だと受け取って、このセリフを報道しませんでした。






そして15歳の時には「世界ジュニア選手権」を制し、翌年2011年に、大会史上男子最年少で

「四大陸選手権」で2位を獲得したのです。

翌年の2012年3月には、羽生くん初めてとなる「世界選手権」で、ショート7位からの大逆転

で銅メダルを獲りました。

同じ年の12月には、1年2か月後にソチオリンピックが行われる会場で、「グランプリファイナ

ル」がありました。

その舞台となるリンクを目にした羽生くんは、このような宣言をしたのです。


羽生結弦


「僕、ソチオリンピックで金メダルを取ります。 そして平昌オリンピックでも金を取ります。」

当時、この宣言通りの結果になるとはっきり確信した人は、果たして何人いたでしょうか?

子供の頃から“有言実行”だった羽生くんは本当にすごいですし、尊敬に値しますよね!

羽生くんは少年時代から、(自分の)言葉が、自分自身に与える作用を重視し、活用してきたアス

リートなのですが、まだ23歳という若さです。

これからどのような人生を歩んでいくことになるのか、想像出来そうで?やはり出来ませんね。

色々な可能性があり、まだまだ未知数のところが多い『羽生結弦』ですから。






posted by てるてる@ゆずリスト at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする